蜜琴

言葉にできないもの                 
しまいが前に実家に行ったとき
誰もいなかったらしい
猫たちだけがいて
アメージンググレースを唄ったら
いつしか猫らがしまいのまわりを囲んですわっていて
唄に耳をかたむけていたらしい
あんなすばらしい瞬間ない と言っていた

空間に見えない光の立体曼荼羅が描かれているような最上の音楽が流れているような(蜜琴ね!)
甘やかなその雰囲気が
ほんとうによくわかる
イエーイと叫ぶようなテンションのうれしさとはちがう
逆に静かになってしまう
わたしがまだ子供のとき 家族みんなが寝静まった夜中
ふとんの上にすわった私の前に猫のネネがきて
わたしの肩に両手をかけて 二本足で立って鼻をなめてくれたときのよろこび
誰かに話そうとも思わなかった

知人が子供の頃火の鳥をみたらしい。
そのときは 家族でいたけど 本人しか見えなかったようで
でも大人たちに言おうとも思わなかったし 深遠すぎて口にだそうとも思わなかったのだそう
なんかわかる気がする

火の鳥といえば前に火の鳥の雲をみたなあと思い出した。
あった!
ああ これ好き。


 
: 感心 : comments(2) : - : posted by yuka :
猫と赤ちゃん                 
これすばらしい!笑い声がでてしまう^^
http://www.youtube.com/watch?v=1wJZ1Mkl-PA
: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
Welcome!                 
ちょっと更新しないうちに 玄関の無花果が実りかけてます^^
小さい実だけど 落ちないで食べられるくらいに熟してくれるかな、、ドキドキ


さて今日は すばらしい歌を聞きました。
はじめて聞いてこんな歌あったのって!

中島みゆきさんの「誕生」という曲です。

もうテレビで見て 一部だけが流れたんだけど
全身がゆさぶられました。

偶然だけど この「誕生」が まさに今しっくりくるものでもあって
また
小学校時代の友達のおじちゃん(お父様)が 先日 天に召されたこともなぜか思い出した。

それにしても 中島みゆきさんっていう方は ほんとうになんだろう
もう正邪一体というか 女神にしかわたしには見えない。
表情や 歌いながら発しているものは なんと言葉に表せばいいのか、、
意識がとてもとても高くて いったいどんな星から来たのか、、、と思う


http://www.youtube.com/watch?v=baE6C5KeFmY
(ご本人の映像 曲の半分までです)

http://www.youtube.com/watch?v=p3FMoOs6Iv0
(曲のすべてが流れます 半分から後の歌詞もぜひきいてみてください。)



歌の内容に心が震えて もうひとつ
中島みゆきさんの この自分の才能を完璧に発揮しつづけるその姿というの?
その光に なぜか涙がながれます。
自分と相手が一致した人しか出せないこの光!


世の中のニュースになった先日の
亡くなった宇多田ヒカルさんのお母さんのこと
会ったこともない遠いひとのそれも 本当にそのひとを
そうふるまわせたものは わたしの中に同じものがあって
世の女のひとたちや また男のひとたちの中でもうごめいていて
たまたまその人に出たんだなあと実感し
また
瞬間瞬間 一呼吸一呼吸
Welcome! Welcome!と私たちに言い続けてくるもの、
この光が いつもいつもやってきているんだなあとこの曲を聞きながら強く実感しました。

ふと先日
条件なしで どんな人もどんなことも完璧なんだと 意味じゃなくて 条件じゃなくて
そのふるまいじゃなくて いえ 意味も条件もふるまいもなにもかも
すべてが この宇宙の中で すべてが つながりあって 
バランスもタイミングも完璧なんだと
説明できないような感覚がしたのですが
この曲の途中ふとその感覚を思い出しました
霊性を放つ宇宙の曼荼羅がふっと音楽に変換されたみたい。
そんなこの曲は 母へ父へ 友達へ 別れた人へ 出逢っている人へ 
今出逢ったひとへ これから出逢う人へ 
また 子供へ そして去ってゆく親が子へ そのほかいろいろいろいろな
だれかから誰かへのおくりものなんだなあきっと。すべての代弁者
そこには透明なただありがとう
そして敬意しかない。

この曲を知ったきっかけは 今朝のサワコの朝
この番組いいわあ
これで いつも 知らなかったいい歌をたくさん知ることできるのです。


 
こうして書きながらも
外から鈴虫のすばらしい音が聴こえてくる。
自然にいるのか、、どこかのお家で飼われているものなのか
わからないけど こおろぎの声にまじって
最近美しくひびいています。
ああこんなすばらしい歌に出会うことができて今日はいい日だった。


サワコの朝
   土曜の朝7時からMBSで放送している番組で
   阿川佐和子が ゲストの人の思い出に残っている歌と
   今 元気になれる歌というのを聞きながら
   いろんな話をする番組)


: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
ひんやり肌色                 
 ひんやりしたバラのはなびらの上で
ねころびたい
なんてよい色なの!
: 感心 : comments(2) : - : posted by yuka :
フレッシュリボンレイとハイビスカスシロップ                 

リボンレイをいただきました。
いいきもちが入っている手づくりハイビスカスレイ
なんてフレッシュなの!
まさにベランダで咲く 赤と黄色のハイビの色で
さっそく 赤ハイビが咲いたから 
一緒にうつしてしまいました。

 リボンって肌にきもちいいなあ
リボンってすばらしい。

このハイビの一輪は、、、ハイビスカスシロップになりました。
ちょうど ヨーグルトがあったから
シロップがほしかったところなのでした。

お水に 氷砂糖(もしくは グラニュー糖)をいれて 
弱火で煮詰めながら溶かす
 洗った花びらをちぎっていれたら ゆっくり煮出す。
色がかわってきたら レモン汁をぎゅっとしぼって!すると
ぱっと鮮やかなハイビの色に! 
砂糖の量で さらっとか とろんとか 調節できます。

一輪で カスピ海ヨーグルトひとパック分充分のシロップが作れます。
シロップは 2、3日中に食べます。

ヨーグルトには甘酸っぱいハイビのシロップがとてもよく合う気がする!
お花の精気をいただきます。

: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
隙間                 
 だーれがかぜをみたでしょう
ぼくもあなたもみやしない
けれどこのはをふるわせて
かぜはとおりぬけてゆく
かぜよつばさをふるわせてあなたのもとへとどきませ


ああ このことばを発する声とトーンと
風の通る隙間を
感じ入ってしまった。だれのかいたものか なんなのか、、、とにかくこっちの体の中の
隙間にも風が通りぬけたようでしーんとしてじーんとした。

これ、昨夜テレビで流れたジブリの「風立ちぬ」の予告のしょっぱなの朗読だった。

近いうちに見る!



検索してみると
この詩は クリスティナ・ロセッティというイギリスの詩人(19世紀)の
風という詩だそうです。
たぶん 最後の一行は宮崎駿監督がかかれたのかな?

この訳がいいなあ  訳詩は 西條八十さんとかいてます


Who has seen the wind?
Neither I nor you;
But when the leaves hang trembling
The wind is passing thro'.

Who has seen the wind?
Neither you nor I:
But when the trees bow down their heads
The wind is passing by.

 

誰が風を 見たでしょう
僕もあなたも 見やしない
けれど木の葉を 顫わせて
風は通りぬけてゆく

誰が風を 見たでしょう
あなたも僕も 見やしない
けれど樹立が 頭をさげて
風は通りすぎてゆく

 

: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
ブルーグレイ                 

先日歩いていてショーウィンドウにひきよせられてしまった、、
あまりに素敵な色で。
どこのメーカーかはわからないけど いい色です。めっちゃいい値段でした^^
手に入れなくても ときどきここの通りを通ってながめる楽しみがある。


気づいたら家にこの色がけっこうある。意識していなかったんだけど
どうもこの色がとても好きみたい。
空もこの色のとき虹を抱いているように感じてわくわくしてしまう

: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
おもしろいってすばらしい                 
おもしろいブログをみっけ。
わらってしまった!
くわしくはわかりませんが
スピリチュアルなことを仕事にしてる方のブログだと思います。

意識についていろんな角度から書かれてあり とにかく写真がわらっちゃう。
かってに下にリンクさせてもらおうっと。

だいたい名前がいいじゃないですか。センス抜群だと個人的に思う^^
アハハライフ魂  http://ameblo.jp/guruguru-shiawase/
: 感心 : comments(2) : - : posted by yuka :
ローズマカロン                 

ひさびさにピエールエルメのローズマカロンを買った^^
やっぱり最高においしいわ。
ローズマカロンには ミントティーがあう。すばらしいです。
ピエールエルメさん 会うことはないと思いますが
ありがとう そうか マカロンを通じて出会ってますね。


: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
アイリッシュハープ                 
 日曜の午前中のグッと地球便という番組は
海外で活躍する日本人に その方の日本の家族からの贈り物を
届けるという番組 
日本の家族が 自分の家族、たとえば息子や娘が
海外でどんな生活をしてどんなふうに活躍しているかという様子も見ることができるし
見ている視聴者にとってもいろんな知らない世界の街や人々が見れてとても楽しい番組なのです。


今回は アイルランドのダブリンでアイリッシュハープ奏者として活躍する
日本人の男性が主役だった。
その方の日本のご両親は アイリッシュハープ奏者である息子に 
日本にかえってきてほしいという気持ちや心配はあっても
やはり 自分のしたいことを自分の活躍する場所でしてほしいと
最後にお母様がおっしゃっていて その気持ちがただそのままで
ああ いいなあと思った
そのご両親が話をしている後ろのお家の壁に
いくつものスプーンが額装して飾られてあった。


ハープの音を聞くと涙がちょちょぎれる。
なぜかわからないけど アイルランドの人たちの顔も街の感じも私は好きみたいで
ああ 行ってみたい と思った。ハープがひけたらどんなにすばらしいだろう
習ってみたいという想いがちょっと湧いてきた。

このアイリッシュハープ奏者の人は  
ハープが楽しい 好きという気持ちを 輝く銀のスプーンで 
まわりの人や 世界に ふるまっているみたいだと思った。けしておしつけずとても自然に。

ハープの音色とスプーンが印象に残った 今日は
すがすがしい気分になった。 

追記 ハープ奏者の方のお名前をかいておこうい 村上淳志さんです
いつかCDがでたら買いたいです★
: 感心 : comments(0) : - : posted by yuka :
: 1/4 : >>